ルンルン手芸布関節人形 > 腕・手・指

布関節人形 腕・手・指

指先は細かい作業ですが、多少縫い目がゆがんでも、案外きれいに仕上がります。
縫い代が少なすぎるとほつれるので、注意しましょう。
男の子ドール

腕の土台を縫う

土台布2枚をAとBのラインで縫い合わせます。
5mmの縫い代をつけて裁ちます。
手首の先(C)を縫い絞ります。
表に返します。
縫う位置縫ってから裁断先端を絞り、腕を返す

腕にわたを詰める

手首に少量の化繊わたを詰めます。
手首関節の上(D)を縫い絞ります。
肘まで化繊わたを詰めます。脚よりは柔らかめです。
膝関節と同じ要領で肘を作ります。
肘から上にわたを詰めます。
膝と同様に、肘の内側で上下をつなぎます。
腕のわた詰め詰め終えたところ


広告

手の土台を縫う

手は2枚の土台布を縫い合わせます。
少なめの縫い代をつけて裁ちます。てのひらは5mm、指の回りは2mm弱。指の付け根には1mmまで切り込みを入れます。
親指は内側と外側を別個に裁って縫い合わせます。
手と指

表に返します。返し方については、着物人形の指も参考に。
手を返す

手にわたを詰める

細い針金の全体にボンドを塗り、脱脂綿を巻きつけて指の芯とします。
長さは手首に届かない程度。
親指は指の長さのみ脱脂綿を巻きます。
指の芯芯の長さと太さ

芯を指先まで差し込みます。
てのひらに化繊わたを詰めます。かなり柔らかめに。
手の甲には詰めませんが、芯の下端をくるむようにすると、当たりがソフトになります。
親指の根元の外側に化繊わたを詰めます。
わたの詰め方わたを詰めたところ

親指の針金をてのひらに差し込みます。
針金の先はラジオペンチで曲げます。さらにボンドをつけ、脱脂綿でくるむと良いでしょう。
親指布の縫い代を内側に折り、てのひらに縫いつけます。
多少ずさんな縫い方でも、カバーをかけると見えなくなります。
手の詰め口を縫い絞ります。
わたを詰めたところ親指をつける手首を閉じる

手と腕をつなぐ

手と手首の縫いしぼった部分を、8番カタン糸でしっかり縫いつけます。
親指が手前(内側)に来るように。
さらにてのひらの端と手首の内側を、手首の関節を通してつなぎます。
要領は膝や肘と同じです。
手首の完成


広告

肌布をかぶせる

肌布を縦ふたつ折りにして、腕カバーを縫います。
指の部分はなるべく細かい針目で。
少なめの縫い代をつけて裁ちます。
表に返します。
手を縫って裁つ腕カバー

手袋をはめるように、土台にかぶせます。
指先が余らないよう、指の間を細い棒で押し下げます。
かぶせる腕


ルンルン手芸とぬいぐるみ
人形とぬいぐるみ作り方
布関節人形

布関節人形 1/2 少女人形
基本の人形
猫耳ドール
赤ちゃん人形
着物人形
チビドール
マスコット人形
小さな着せ替え人形
小さなゴスロリドール
ピエロのパジャマ入れ
マーメイド・マーマン
クリスマス手芸 動物ぬいぐるみ作り方
魅惑の布人形
ウェディングドール
猫耳ドール
ぬいぐるみの動物
等身大人形
人魚ワールド
るんるんソーイング
創作手芸ハンティ・パンキー
手作り下着の柳腰亭
ミシンと日傘

布関節人形胴体