ルンルン手芸布関節人形 > 頭・鼻・首

布関節人形 頭・鼻・首

あごの形がポイントです。尖るくらい硬くわたを詰めます。
あまり押し込めると、喉がほつれるおそれがありますので、慎重に。
布関節人形広告

頭の土台を縫う

土台布に5mmほど縫い代をつけて裁ちます。
頭の土台を裁つ

前中央(A-B-C-D)、後ろの中央(A-H-I)、あごの下(D-F-G)を縫い合わせます。
鼻の縫い代(B-C)を3mm弱に切りそろえ、喉(F)と鼻の下(C)の縫い代に切り込みを入れます。
前後をぐるりと縫い合わせます(A-E-D-E-A)。
表に返します。
前と後ろを縫うまわりを縫う表


広告

鼻の芯を詰める

指に使ったものよりもやや太めの針金(#18)を10cm長さに切ります。
全体にボンドをつけ、脱脂綿を巻きます。
鼻芯

6対4くらいに曲げます。これが鼻の芯です。
芯を頭の中に入れ、鼻の縫い目に沿わせます。
太めの糸で脱脂綿のきわを粗く縫い、ずれないようにします。
折って中に入れる芯を縫い止める大きな針目で

頭にわたを詰める

首の詰め口から化繊わたをしっかりと詰めます。
鼻の針金の根元をねじ曲げないよう注意します。
鼻と首には詰めません。
わたの詰め方詰め終わり

首(頸)を作る

10cmの長さに切った白ネルを用意します。
ネルの代わりに古タオルやフリースなども使えます。
ネルの両端とところどころにボンドをつけ、竹箸を中心にくるくると巻きます。
これが首の芯です。
土台の首に入る太さ(直径4cm弱)になるまで巻き、箸の余分な部分はペンチで切ります。
箸に布を巻く首芯

土台に差し込みます。
ぐらつく場合は、差し込み方が足りないか、頭に詰めたわたが少ないかだと思われます。
首の土台布とネルを、8番カタン糸で荒く縫いつけます。
土台


広告

唇をつける

脱脂綿を少々ちぎり、くるくると巻き、両端は指で撚って細くします。
好みの長さにハサミで切ります。
ふたつ作り、顔の土台にボンドで貼りつけます。
唇を作る唇を貼る

鼻と唇の高さはこのくらいです。
横から見たところ

フェイスラインのしわ隠すため、細く裂いた脱脂綿をボンドで貼ります。
あごに脱脂綿を貼る広告

顔布を縫う

顔布は白と肌色のストレッチ布で各1枚ずつ作ります。
それぞれの布を縦ふたつ折りにして、裁ちます。
型紙は縫い代を含んでいます。
後ろの5ミリ内側を縫い、表に返します。
顔布を裁つ

顔布をかぶせる

まず白の下地布をかぶせます。
両側頭部の布を引き上げ、タックを取って頭に沿わせ、まち針で止めます。
あごや首の布がたるまないよう注意します。
肌布の下端と上端を、8番カタン糸で土台に縫いつけます。
下地をかぶせるピンでとめる端を縫いつける

仕上げの顔布をかぶせ、まち針を打ちます。
まだ縫いつけません(顔描きを失敗したら、肌布縫いからやり直し・・・って、不吉な)。
仕上げの顔布

ルンルン手芸とぬいぐるみ
人形とぬいぐるみ作り方
布関節人形

布関節人形 1/2 少女人形
基本の人形
猫耳ドール
赤ちゃん人形
着物人形
チビドール
マスコット人形
小さな着せ替え人形
小さなゴスロリドール
ピエロのパジャマ入れ
マーメイド・マーマン
クリスマス手芸 動物ぬいぐるみ作り方
魅惑の布人形
ウェディングドール
猫耳ドール
ぬいぐるみの動物
等身大人形
人魚ワールド
るんるんソーイング
創作手芸ハンティ・パンキー
手作り下着の柳腰亭
ミシンと日傘

布関節人形顔・口・目