ルンルン手芸とぬいぐるみぬいぐるみ作り方 > ブルテリア

ブルテリア

犬のイラストやカットでは、かなりの高率でブルテリアが描かれています。
ある意味「最も犬らしい犬」といえましょう。
現実に飼いたがる人が多くないのは、とぼけた外見とは裏腹な闘争心を恐れてのこと?
ミニぬいぐるみなら、噛みつきゃしませんよ。高さ5センチ。
ミニミニチュアブルテリア広告

材料

この例は、スエードふうな白い布を使いました。
耳内側は淡いピンクの薄手木綿。
鼻と口は30番の絹ミシン糸、目は極小ビーズ。
詰め物はポリエステルわた。

カッティング

型紙に縫い代は含まれていません。2~3ミリの縫い代をつけ裁断します。
片耳は油性サインペンで黒く塗りました。
ブルテリア カット


広告

縫い方

縫い合わせは小さめの半返し縫いで。
まず、お尻のダーツを縫います。(c-d)
ダーツを縫う

頭に頭頂部を縫いつけます。(b-a-b)
頭を縫う

続けて背中を縫い合わせます。(b-c-e)
ボディとおなかを縫い合わせます。(e-f-g-h-i-j-a-j-i-h-g-f-e)
おなか中央(k-l)は 返し口です。
おなかを縫う

表に返します。
外側


広告

仕上げ

わたを詰め、返し口をラダーステッチで閉じます。
閉じる

好みにより、目のぶちをサインペンで描きます。
鼻と口を刺しゅうし、ビーズを縫いつけます。
顔

耳を縫い合わせ、表に返します。
内耳がほつれやすい布なので、縫い代を大きめに取り、縫ったあとカットしました。
耳を縫う

返し口をラダーステッチで閉じます。
先にラダーステッチをゆるく縫っておき、針先で縫い代を内側に押し込みながら糸を引くと、わりとうまくいきます。
耳

耳をラダーステッチで縫いつけます。
耳つけ

しっぽをふたつに折って縫い、表に返します。わたは詰めません。
しっぽ

縫い代を内側に折り込んで、おしりに縫いつけます。
しっぽをつける

鼻のまわりに、ピンクの頬紅をちょこっとつけてみました。
ブルテリア


ブルテリアの型紙
小さくて難しそうなら、2倍くらいに拡大するとよろしいでしょう。

耳の先までの高さは、5.7cmです。
ブルテリアぬいぐるみ


犬ぬいぐるみ


ぬいぐるみ作り方豆柴