ルンルン手芸クリスマス手芸サンタクロース > ボディ

サンタクロース ボディ

フェルトの縫い方など、作り方の基本はピエロと同じです。
サンタ人形

フェルトを縫う

型紙をフェルトにのせ、チョークなどで印をつけます。
2枚重ねて、ミシンで縫います。
5mmの縫い代をつけて裁ちます。
表に返します。
縫ってカットする表に返す


広告

頭に化繊わたを詰め、詰め口をラダーステッチで閉じます。
頭

鼻布の輪郭を太い糸で縫います。縫い代は3ミリくらい。
少量のわたをくるんで糸を強く引き絞ります。
鼻布とわた鼻

ラダーステッチで顔に縫いつけます。
鼻をつける

絵の具で目と口を描き、頬と鼻の頭に頬紅をつけます。
毛糸を眉の位置に縫いつけます。3度ほど糸を渡すと良いでしょう。
顔を描く眉

参考/眉の素材写真

フェルトには絵の具がつきにくいので、フェルトや合皮などを切って、貼りつけたり、アップリケにする方法もあります。
目を貼りつけるなら


広告

胴体

竹箸にボンドをつけ、脱脂綿を巻きつけます。
それを首の部分に差し込み、胴には化繊わたを詰めます。
詰め口を丈夫な糸で縫い絞ります。
首の芯と胴体詰め終えたところ

頭の後ろに穴を明けて箸の先を差し込みます。
首のフェルトを内側に折り、ラダーステッチで縫いつけます。
頭をつける

足はブーツを兼ねます

合皮を二枚重ねて前と後ろを縫い、足首と底に切り込みを入れます。
後ろをつなげて裁断し、折って前だけ縫うと、もっと簡単ですね。
底の縫い代を厚紙に貼りつけます。
厚紙があまり薄いと、サンタは立てないかもしれません。
足靴底

靴底の合皮を貼りつけます。
わたをしっかり詰めます。
詰め口は閉じず、円形のまま胴体に縫いつけます。
足を縫いつける

腕に化繊わたを柔らかめに詰めます。
腕の詰め口を閉じ、ボタンつけの要領で肩に縫いつけます。
腕腕と足がつきました

ヒゲと髪

ファーをヒゲの形に切ります。
はさみの先端を使って、毛足ではなく下地だけを切ってください。
毛糸を適当な長さに切り、中心を糸でしばり、平均に広げます。
ヒゲと髪

ヒゲの上部にボンドをつけ、顔に貼りつけます。
頭にボンドをつけて、髪を貼りつけます。

人形本体ができあがりました。
サンタ人形


型紙と解説

クリスマス手芸


クリスマス手芸サンタ人形 服と帽子