ルンルン手芸着物人形 > 振袖の着物

着物人形 振袖の着物

おくみを続け裁ちにした、比較的簡単な着物です。
人形のプロポーションは人間と異なるので、肩幅・袖丈のバランスに工夫を加えました。
着物ドール広告

裁断

布に型紙を写します。前後は肩で続けてください。
5~7mmの縫い代をつけてカットします。
襟の布は、縫いしろ込みで5cm×45cm。
袖と裾には裏地をつけます。
裾裏の長さは約35cm。横は4枚続けると簡単です。
着物の布図

裏地を省いて単衣(ひとえ)にする場合は、裾と前端、袖の縫い代を多めに取ってください。
ひとえの着物の作り方は長襦袢とほぼ同じです。


広告

身ごろを縫う

後ろ身ごろを背中の中央で縫い合わせます(a-b)。
前後身ごろを脇で縫い合わせます(e-f)。
裏地と身ごろを、前と裾で縫い合わせます(n-m-f-b-f-m-n)。

裾の線に細長く裂いた脱脂綿を置いてふくらませ、ふくらんだ裏地が外に見えるようにします。
これを『ふき』といいます。
裏地をつけ、脱脂綿を乗せる

表に返し、ふきがずれないよう、粗く縫いつけます。
身ごろのできあがり裾を縫う


広告

襟の布をネックライン(n-a-n)に縫いつけます。
襟つけ

襟を中央から裏に折ってまつりつけます。襟幅は2cmくらいです。
襟芯は入れませんが、柔らかさが気になるなら、共襟(かけ襟)をつけるとよいでしょう。
裏地の上端を身ごろにまつります。
裏をまつる


袖下(g-h)を縫い合わせます。裏地も同様に。
袖布

表に返す際、アイロンでカーブをきれいに出します。
表と裏を重ねます。
袖口を縫い合わせ、脱脂綿でふくらみを出します。
表裏重ねる袖口のふき

表袖を身ごろに縫いつけます(d-c-d)。
身八つ口(d-e)の縫い代を裏に折ってまつります。
振り(たもとの開いた部分(d-h-d))の裏地を、手縫いで表に縫いつけます。
その際、裏が少し見えるようにします。
袖つけ

できあがり
着物

ルンルン手芸とぬいぐるみ
人形とぬいぐるみ作り方
着物ドール
着物人形作り方
基本の人形
猫耳ドール
1/2 少女人形
布関節人形
赤ちゃん人形
チビドール
マスコット人形
小さな着せ替え人形
小さなゴスロリドール
ピエロのパジャマ入れ
マーメイド・マーマン
クリスマス手芸 動物ぬいぐるみ作り方
魅惑の布人形
ウェディングドール
猫耳ドール
ぬいぐるみの動物
等身大人形
人魚ワールド
るんるんソーイング
創作手芸ハンティ・パンキー
手作り下着の柳腰亭
ミシンと日傘

着物人形長襦袢