ルンルン手芸ぬいぐるみ作り方 > シマウマ

シマウマぬいぐるみ

フェルトのシマウマ(縞馬)。頭までの高さ7センチ。
ゼブラ模様は手描きです。
シマウマぬいぐるみ広告

材料と型紙

材料は、フェルト、2ミリくらいのビーズ、詰めわた、ブロード、8番カタン糸など。
脚に針金を入れると、立ちやすくなります。この例は不使用です。
シマウマ


広告

作り方

縫い代をつけずに布をカットします。
カッティング

耳はフェルトに白ブロードを貼りつけ、乾いてからカットします。
ひづめは黒フェルトを2枚貼り合わせて、円形にカットします。
尻尾は8番カタン糸の束を切り、上のほうを縞模様になるように白糸で巻きます。
シマウマパーツ

たてがみは、5cm×1.5cmくらいの紙に白糸と黒糸を交互に巻きつけ、片側にボンドを縫って固めます。
反対側をカットし、紙を外します。
たてがみ

脚の付け根のダーツを内側から半返し縫いで縫います。
ほかは外側からかがり縫いをします。
首は、たてがみをはさみ込んでいっしょに縫います。
首を縫う

わたを詰め、ビーズの目を縫いつけます。
足底にひづめをボンドで貼ります。
ひづめを貼る

縞模様を描き、鼻のまわりを黒く塗ります。
ペン

油性フェルトペンも使えますが、乾きやすさや色落ちの具合などを、端布で試したほうがいいでしょう。
布用マーカーもいくつか出ています。
アリテックスカラーDYEは堅牢ですが、ゴワゴワします。
ハマナカ 染めペンが一番使いやすいようです。
耳の根元をふたつに折って頭に縫いつけ、尻尾をつけます。


広告


ゼブラ

型紙はこちらです。

普通の馬にも応用できるかもしれません。
縞模様がない分簡単だし・・・。


小さなフェルトぬいぐるみ

ぬいぐるみ作り方イルカ