ルンルン手芸布関節人形 > 顔・口・目

布関節人形 顔・口・目

凹凸のある顔がこの人形の特徴です。
目を窪ませたり、まつげを植える際は、長い針が必要です。
男の子ドール広告

唇と目をくぼませる

立体的な顔にするために、目と唇を糸で引き締めてくぼませます。
針は長くてあまり太くないものを、糸は8番カタン糸を使います。
糸の引き方で、表情がある程度定まります。
目が上のほうにあると大人っぽくなり、たれ目は優しい感じです。
唇の端は上下の脱脂綿の端が合わさる位置になります。

目尻・目頭・口端に、印のまち針を刺します。
まち針を打つ

針を唇の端に刺し、後頭部から出します。
糸を針から抜き、前側の糸端を通します。
もう一方の唇の端へ針を刺します。
後頭部から糸を出し、玉留めをします。
これで唇の溝ができました。
唇に針を刺す唇を引いたところ

目頭から後頭部に針を通します。
目頭側の糸端を針に付け替えます。
糸が出ている場所から2mm横に針を刺し、後頭部に出して留めます。
針を刺す位置左目頭終わり

同様に、目尻にも糸を引きます。
もう片方の目もくぼませます。
目を引いたところ横から見る

糸を付け替えるのは面倒ですが、正確な位置に刺すためです。
後ろから針を入れても、もちろんかまいません。


広告

唇を塗り、目を描く

目の形に切り抜いた厚紙を当て、輪郭線を描きます。
まぶたの線や虹彩、眉なども下描きして、雰囲気を確かめます。
輪郭を印す下書き

アクリル絵の具で唇を塗ります。
引いた糸が隠れるように塗りましょう。
目と眉を描きます。
白目を塗ると表情が落ち着きます。
唇を塗り、目の途中眉を描く白目を塗る

目や唇の色使いや塗り方はお好みでどうぞ。
必要なら目の例を参照して形を決めましょう。
先に目の内側を白く塗りつぶし、その上に虹彩や瞳を描く方法もあります。

仕上げ

頬紅やアイシャドーをつけると、より立体感が出ます。
濃すぎると化粧をしたみたいになるので注意しましょう。
顔布の頂上を土台に縫いつけます。
首の布は縫いつけません。
頭頂の布を縫いつける


広告

《参考》 まつげを植える

まつげを植えると、顔に陰影が出ます。
まつげの材料として人造毛を使いました。人毛も使えます。
15cm以上の毛が100本以上必要です。
下まつげまで植えると、たぶんブキミだから、下は描くほうが無難でしょう。

細い毛なら3本、太めは2本、いっしょに針穴に通します。
毛と針

上まぶたの縁から後頭部へ刺します。
両端に余裕を持たせて、針を抜きます。
まぶたに刺す1回植えたところ

新たな毛を針に通し、1mm弱隣へ刺します。
まぶたの線の端から端まで刺します。
片方を刺し終えたところ

後頭部の余り毛をボンドで貼りつけます。
ボンドが乾いたら、前からまつげを引っ張って、抜けないことを確認します。
まつげを好みの長さに切ります。目尻と目頭は短めに。
後ろをボンドで貼るカット

睫毛の素材について

ルンルン手芸とぬいぐるみ
人形とぬいぐるみ作り方
布関節人形

布関節人形 1/2 少女人形
基本の人形
猫耳ドール
赤ちゃん人形
着物人形
チビドール
マスコット人形
小さな着せ替え人形
小さなゴスロリドール
ピエロのパジャマ入れ
マーメイド・マーマン
クリスマス手芸 動物ぬいぐるみ作り方
魅惑の布人形
ウェディングドール
猫耳ドール
ぬいぐるみの動物
等身大人形
人魚ワールド
るんるんソーイング
創作手芸ハンティ・パンキー
手作り下着の柳腰亭
ミシンと日傘

布関節人形全身